ダイエットとリバウンド

ダイエットに取り組んだことがある人で、リバウンドを経験したことがある人は多いようです。リバウンドとは、ダイエット後に体重がダイエット前に戻ってしまう、もしくはダイエットをする前以上に増加してしまうことを言います。ダイエットの直後はうまくいったように見えても、今までと同等以上の体重になってしまえば、ダイエットは不首尾ということになります。

達成したつもりのダイエットが元の黙阿弥では、気力も失ってしまいます。ましてや、ダイエット前より体重が増えたら、落ち込み方も人一倍というものです。ダイエットを成功させて体重を減らすことができたとしても、減らした体重を維持できなければ、ダイエットがうまくいったとはいえません。

リバウンドはどういった仕組みで発生するのでしょう。停滞期にある時に、ダイエットをやめてしまうとリバウンドしてしまいます。ダイエットの経験者なら、身に覚えがあるのではないでしょうか。スタート直後は体重が減っていきますが、ダイエットをある程度続けていると減量度合いが低下します。

決してダイエットをさぼっているわけでもないのにです。停滞期とは、ダイエットの終了タイミングではなく通り過ぎるべきステップの1つであり、ここでやめるとリバウンドしてしまうのです。

ダイエットにリバウンドはつきもの?

ダイエットにリバウンドはつきものなのでしょうか。停滞期の真っ最中にダイエットをやめるとリバウンドしやすいという理由はどこにあるのでしょう。もともと体に備わっている防御反応、生命維持装置が働くためです。そのため、厳しい状況にさらされた時に備えて、人の体には特別な防衛機構があります。

ダイエット中に訪れる停滞期やリバウンドもに防御的な反応の1つと考えられています。遭難者が、わずかな食料で何日間も生き抜き奇跡の生還を果たすというニュースを耳にしたことがあるかと思います。これが、人体が元々もっている生命維持装置の働きのためです。ダイエットで食事量を減らしている人は、いわば遭難者の状態に似ています。

これまでより食事から取り入れるカロリー量は、どうしたって少なくなります。体はそのエネルギー不足に順応しようとするのです。エネルギー消費を減らすばかりか、食事などから摂取したエネルギーはできるだけ余さず蓄積しようとします。体内のカロリーをできるだけ減らさず、入ってくるカロリーはできるだけ貯め込みたいという時にダイエットを中断すると、リバウンドは確実です。

結果としてリバウンドが起こる原因となります。ダイエット時における停滞期やリバウンドは生命の安全を守る為の身体に備わった正常な仕組みなのです。ダイエット前にリバウンドが起きないような方策を考えながら食事を減らしたり運動量を増やすことによって、ダイエットを順調に進めることができるでしょう。

ダイエットでリバウンドしないために

リバウンド対策をしながらダイエットに取り組みたいものです。効率的なダイエットができる体を維持するには、リバウンドを何回も発生させないことが大事だといいます。リバウンドは、もともと体に備わっている生命維持装置、ホメオスタシスが働くことが原因とされています。

ホメオスタシオスがダイエット中に働き、消費するカロリーを減らしている最中に食事の量を戻せば、必然的に蓄積されるカロリーが増えます。ダイエットをすることによって体が消費するカロリー量が減っていた場合、ダイエット前の摂取カロリー量にすれば摂取カロリーと消費カロリーの差分は以前より開いてしまうでしょう。

ダイエットをする全ての人がリバウンドの可能性があります。ダイエットの方法として食事量を減らすばかりでは、体脂肪と一緒に筋肉量も減ってしまうといいます。脂肪は筋肉で燃焼するため、筋力が落ちると代謝も落ちるので、体で消費されるカロリー量が減ってしまいます。

ホメオスタシスが働いている体では、筋肉よりも脂肪を体に蓄積することが優先されます。リバウンドを未然に防ぐことを考えるなら、脂肪を燃やす筋肉を増やすことが重要な点です。食事制限のみによるダイエット方法は、リバウンドの可能性が大変高いと言えます。

食事制限によるダイエットを行う場合は、筋力を落とさないよう注意する事が、リバウンドを防ぐために大変重要なポイントとなってきます。